メインコンテンツにスキップ

開発秘話【第1話】母の体を想って開発を決意

開発秘話【第1話】母の体を想って開発を決意
本当に健康を気にする方へのプレミアムな甘み粉「菜糖さん」。その誕生には、母の体を考えた開発スタッフの想いがありました。

なぜ、菜糖さんは体にやさしいのか、その秘密に迫ります。


<目次>

【第1話】 母の体を想って開発を決意

【第2話】 理想を詰め込んだ商品を作りたい

【第3話】 最期の瞬間まで元気でいたい


* * * * *


【第1話】 母の体を想って開発を決意

──今日は、お時間をいただき、ありがとうございます。

『菜糖さん』をつくろうと思ったきっかけは、お母様だったとお聞きしたのですが。

開発スタッフK
「はい。数年前から、母の介護がはじまったことがきっかけです。

一人暮らしをしている母の様子をみに、実家にちょこちょこ帰っていたんです。
母はコーヒーが大好きで。そこに砂糖をドバドバ!と入れるのを見たんですね。」

──ドバドバですか!

(インタビューは、新型コロナ対策のため、リモートで行われました。ふたりとも恥ずかしがり屋なので、似顔絵でお届けします)


開発スタッフK
「はい。この砂糖の量はなかろう!と。(笑)

でも、母は砂糖を入れないコーヒーなんて!っと、不満そうな感じで(笑)

だから、何か変わる方法はないかなっと思ったところがきっかけです。」

──そこで、どうして食物繊維で作ろうと思ったんですか?

開発スタッフK
「そんなとき、食物繊維入り飲料のCMを見かけて。

食物繊維は、お通じもよくしてくれるし、血糖値の急上昇を抑えてくれる。

砂糖代わりの食物繊維を料理やコーヒーに入れてくれたらいいなと。その時のひらめきがスタートですね。」


──ふむふむ。

開発スタッフK
「高齢者は食物繊維を知らないことも多く、お通じに悩む方が多いです。

また継続的な砂糖の過剰摂取で、血糖値の乱高下を繰り返すうちに、がんなどのリスクも高まってしまう。

それなら、砂糖の代わりに使ってもらえれば、自然と食べてもらえるって思ったんですね。」


──砂糖だと毎日使いますもんね。
Kさんの思い出の砂糖を使ったレシピってありますか?

開発スタッフK
「僕が小さい頃、食パンの耳をあげて砂糖をまぶしたものをよく母が作ってくれて。子供のころ一番好きでしたね。」


──ああ! 甘くて美味しいやつですね。

開発スタッフK
「はい。あとは、うちの卵焼きは甘い卵焼きで。甘いのが嫌いな方もいるけど、僕は甘い卵焼きが好きです。」


菜糖さん入り卵焼き

──私も甘い卵焼きで育ってきたので、とても分かります。(笑)

開発スタッフK
「よかった、仲間がいた(笑)」


──『菜糖さん』も、卵焼きや手作りおやつなど、普段の食生活にどんどん活用していただきたいですね。

(▶次回第2話は、Kさん商品開発の原点に迫ります。お楽しみに!)

* * * * *

<目次>

【第1話】 母の体を想って開発を決意

【第2話】 理想を詰め込んだ商品を作りたい

【第3話】 最期の瞬間まで元気でいたい

他の記事を読む

【はじめての菜糖さん】「はじめは、少しずつ入れる」がコツ

【はじめての菜糖さん】「はじめは、少しずつ入れる」がコツ

「菜糖さんって、1袋どれくらい持つの?」

「菜糖さんって、1袋どれくらい持つの?」

【野菜ソムリエプロレビュー】01:砂糖との違いは?

【野菜ソムリエプロレビュー】01:砂糖との違いは?

アカウントに戻る

カート

カート内に商品がありません
買い物を続ける