メインコンテンツにスキップ

菜糖さんと出会って、はじめた『ベジファースト』。スタッフが感じた嬉しい変化とは?

菜糖さんと出会って、はじめた『ベジファースト』。スタッフが感じた嬉しい変化とは?

こんにちは、菜糖さんスタッフの野口です。

私は「菜糖さん」に出会って
ベジファースト食事法をはじめました。

そのためにやめたこと、
そして変化したことをお話ししようと思います。

私個人が感じた変化ですので、
すべての方に変化が起こるとは限りませんが、
何か参考になれば嬉しいです🌿

※ 通院・服薬中の方や
何かしらご自身の体調に不安があられる方は、

担当医にご相談の上
お試しいただくことをお勧めしています。


「三角食べ」をやめました!


子どものころに「三角食べ」を教わり、
大人になってもその習慣を続けている方も
多いのではないでしょうか?


「三角食べ」とは

ご飯、おかず、汁物を均等に食べることで、
たとえ食べ残したとしても
比較的栄養が摂れるので、
学校などで推奨された食べ方ですね。


私は「菜糖さん」に出会い、
食べる順番による乱高下が
体に与える影響を知り……



「三角食べ」から
「ベジファースト」食事法に
変えることにしました!


「ベジファースト」をはじめて、
変わったことは?


そもそも、ベジファーストとは。

野菜(食物繊維)を最初に食べ、
次にたんぱく質、炭水化物と順に食べていくことで、
体への負担を少なくする食事法です。


正直、ベジファーストを意識して
食べ始めた当初は、

「濃い味付けのおかずと
いっしょに白ご飯をかきこみた〜い!」

という欲求に悩まされましたが(笑)

徐々に新しい食事法に慣れていきました。


そして、私が感じた変化は、


・白ご飯の量が減った
・薄味でも十分に美味しく感じる
・毎日のスッキリを実感


でした。

ベジファーストを意識すると、
噛みごたえのある食材が多い
「食物繊維」を優先して
食べることになります。

野菜、おかずを食べ切った時点で
おなかいっぱいになり、
白ご飯は残すことも。

さらに、
「濃い味のおかずがあると、
絶対白ご飯を食べたくなる…」と思い、
薄味のおかずを自然と作るようになりました。

そして、
小さい頃から毎日スッキリ!という
体質ではなかった私。

ベジファーストを意識してから、
スッキリ頻度が上がったのは
嬉しい変化でした。


ベジファースト効果を
さらに高める方法


さらに、ベジファーストを高めるべく、
私がチャレンジしているのは、


食事の30分前に
「菜糖さん入りドリンク」を
飲むこと!


やり方は簡単!

無糖のコーヒーなどに
菜糖さんをひとさじ加えただけの
「ベジファーストドリンク」を
食前に飲むだけです。


食物繊維の力を最大限発揮できるよう、
「食前に」飲んでおくことで、
ドカ食いを防ぎ、
食事に備えるようにしています。


「菜糖さん」と出会って、
私の食生活は少しずつ
新しい方向へと変わってきました。

気になる方は、ぜひお試しください♪

また、
あなたのおすすめの食事法があれば、
教えてくださいね。

他の記事を読む

電子レンジで時短! ベジーな「ベリージャム」

電子レンジで時短! ベジーな「ベリージャム」

寒い季節の救世主! 菜糖さんでつくる「しょうが湯」でポカポカ温まろう。

寒い季節の救世主! 菜糖さんでつくる「しょうが湯」でポカポカ温まろう。

摂り入れないと損?家族みんなに菜糖さんをおすすめする理由

摂り入れないと損?家族みんなに菜糖さんをおすすめする理由

アカウントに戻る

カート

カート内に商品がありません
買い物を続ける