メインコンテンツにスキップ

【野菜ソムリエプロレビュー】03:食で大切にしたいこと

【野菜ソムリエプロレビュー】03:食で大切にしたいこと

本当に健康を気にする方へのプレミアムな甘み粉「菜糖さん」。実際、「どんな味?」「使い勝手は?」気になることだらけですよね。今回は、野菜ソムリエプロで二児の母である古金陽子さんに、菜糖さんを実際に使った感想を伺ってきました。


<目次>

【第1話】 砂糖との違いは?

【第2話】 野菜嫌いなお子様におすすめメニュー

【第3話】 食で大切にしたいこと

* * * * *


【第3話】 食で大切にしたいこと


──古金さんは、「食が生活をデザインする」をモットーにお仕事や生活をされていると思います。食で大切にされている事について、お話をお聞きしたいです。

インタビューを受ける古金さん

古金さん
「こんな時代なので、添加物とか100%オーガニックとは考えていないんです。

日常使うちょっとした調味料とかは、ちゃんとしたものを選びたいなとか。『食のベース』はちゃんとしたものを選びたいなと思っていますね。」

──なるほど。

古金さん
「加工品については、ちょっと目をつぶる(笑) どうしても働きながらだと、そこまで手が回らなかったり。なので、ベースの調味料と肉・魚・卵の出所は見て買うようにしています。」

菜糖さんパッケージを持ち、インタビューを受ける古金さん

──ちなみに普段、甘み調味料は何を使われているんですか?

古金さん
「きび糖と黒糖とココナッツシュガーですね。

お塩っていろんなものがあって、燻製のお塩とか使うことがあるんですが、お砂糖ってそんなに種類ってないですよね。」

──そうですね。

古金さん
「甘みだと羅漢果(らかんか)とかもあると思うんですけど、けっこうクセが強すぎて。

以前、羅漢果だけで“おぜんざい”とか作ったんですけど、味がけっこう…こ、個性が強いというか(笑)

その点、菜糖さんなら大丈夫だなって感じました。」

※菜糖さんは、羅漢果だけでなく、甘みをもつ植物ステビアなどを組み合わせています。


──もちろん、砂糖は砂糖の。単体甘味料は単体甘味料の、それぞれの良さはあると思います。

ご自身の体や嗜好に合うものを選ぶときに、選択肢のひとつとして菜糖さんを入れていただけたらと。上手に使い分けていただきたいなと思っています。

古金さん
「うんうん。こんな食生活でいいのかしら…ってなるよりは、菜糖さんを使うことで、ちゃんとしたものを食べている安心感ってありますよね。」

──不安とか、罪悪感とかが少しでも減って、食事を楽しんでいただきたいですよね。


古金さん
「そうそう!
子供には、もうちょっと食べて欲しいですけどね、お野菜(笑)」

──そうですね、野菜嫌いなお子さんのお料理にも、上手に菜糖さんも活用していただけると嬉しいです(笑)

インタビューを受け、ほほえむ古金さん

──古金さん、本日はありがとうございました!


<目次>

【第1話】 砂糖との違いは?

【第2話】 野菜嫌いなお子様におすすめメニュー

【第3話】 食で大切にしたいこと



<古金陽子>  野菜ソムリエプロ・グラフィックデザイナー
<古金陽子>
野菜ソムリエプロ・グラフィックデザイナー
デザイン事務所での経験を経て、フリーランスに転身。二児の母でもあり、「食が暮らしをデザインする」の考えをもと、野菜ソムリエプロ、レシピ作家としても活躍。

他の記事を読む

開発秘話【第2話】理想を詰め込んだ商品を作りたい

開発秘話【第2話】理想を詰め込んだ商品を作りたい

なんでもない日も特別な日も「菜糖さんクレープ」

なんでもない日も特別な日も「菜糖さんクレープ」

【野菜ソムリエプロレビュー】02:野菜嫌いなお子様におすすめメニュー

【野菜ソムリエプロレビュー】02:野菜嫌いなお子様におすすめメニュー

アカウントに戻る

カート

カート内に商品がありません
買い物を続ける