メインコンテンツにスキップ

「甘いもの食べると、イライラしやすい」って本当ですか?

「甘いもの食べると、イライラしやすい」って本当ですか?

こんにちは、スタッフの野口です。

「甘いものを食べると、イライラしやすい」
という話を聞いたことはありませんか?

この話、実は本当なんです。


今日の記事はこんな方に
ぜひ読んでいただきたいです。


・ 「お菓子好き」の子どもが
キレやすく、ならないか
心配な方

・「甘味料」を
不安に思っている方

・「甘いもの」を、
我慢するのがツラい方


「甘いものの食べ過ぎ」が
イライラしやすくなる?

 
頑張ったあとの、
チョコレート1粒、クッキー1枚が、
心を満たしてくれる感じがしますよね。

実際、甘いものに含まれる糖質
幸せホルモン(セロトニン)」を
一時的に増やしてくれます。



でも、大量摂取すると
カラダに急激な負担
かかってしまいます💦

実はその時に
「心の安定」に必要な栄養を
大量に消費してしまうのです。




例えば、こんな経験はありませんか?

・いくら寝てもスッキリ冴えない
・ご飯のあとに眠くなる
・健康診断が心配に…
・甘いもの食べさせないと、子どもが泣く


「イライラ」まではなくても、
「なんとなく不調…」
起こりやすくなります。


でも、

「甘いものだけは
やめられない!」

「うちの子、お菓子ばかり
食べてるから心配!」

という方も多いのも事実です。


もちろん、
甘いものの食べ過ぎ
良くはありませんが、

「甘いもの・イライラと
上手に付き合う方」
はあります。

菜糖さんがおすすめする
3つのコツをご紹介しますね。


1 負担が少ない甘みを選ぶ


「菜糖さん」のように植物由来
低糖質な甘みを使うことで、
甘さを楽しみつつ、
急激な負担を防ぐことができます。



さらに、菜糖さんなら
たっぷりの食物繊維
体への負担をやさしくしてくれます。

甘いものを食べるなら、
「食物繊維」を合わせるのがポイントです。


2 甘いものを食べるタイミングを考える


甘いものを食べるタイミングを

「朝食・昼食後」
「外出・運動前」

にするのもおすすめです。


空腹の時に一気に甘いものを食べると、
カラダに大きな負担がかかります。

そのため、朝食や昼食の【食後】に
デザートとして食べる方が
カラダにやさしい食べ方に。



甘いものを食べたら、
お店から職場に歩いて戻るなど
「ちょこっと運動」で
甘いもの運動エネルギー
変えてあげるのもおすすめです。



3 なぜ食べたくなるのか、考えてみる


「無性に甘いものを食べたい」のは、
本当にお腹が減っているからでしょうか?

実は【栄養不足】が原因かもしれません。


▼詳しくはこちら
無性に甘いものを食べたくなるのは、●●不足が原因?


どんな時に甘いものを欲しているかを
思い出して考えてみるのも
大きな一歩です。

意外な原因が見つかるかもしれませんよ。


* * * * *


甘いものは日々の小さな幸せですが、
イライラや不調が気になる方は
菜糖さんのような甘みで、
心も体もやさしく労わってあげませんか?

賢く甘いものと付き合い、快適な毎日を。

他の記事を読む

【配送状況】大雪の影響により、出荷・お届けが遅れる可能性がございます。

【配送状況】大雪の影響により、出荷・お届けが遅れる可能性がございます。

60代母に聞いた「菜糖さん1年続けて、どんな変化があった?」

60代母に聞いた「菜糖さん1年続けて、どんな変化があった?」

なんでもない日も特別な日も「菜糖さんクレープ」

なんでもない日も特別な日も「菜糖さんクレープ」

アカウントに戻る

カート

カート内に商品がありません
買い物を続ける